鼠径ヘルニアの原因

腰痛

鼠径ヘルニアは子供だけでなく大人もなる病気

鼠径ヘルニアは子供によくみられるもので、先天的なことが多いです。しかし、大人も発症するものです。それは、年齢を重ねることによって筋力が弱くなることが原因です。鼠径ヘルニアはお腹の中にあるはずの腸や腹膜の一部が、太股や足の付け根の皮膚の下にでてくる病気です。脱腸と呼ばれることが多いです。鼠径ヘルニアになりやすいのが、便秘や前立腺が肥大していることによって排泄時に力むことや、よく咳をすることでお腹に力が入ってしまう人です。また、力仕事をしていてお腹に力を入れたり、立ち仕事をしている人も鼠径ヘルニアになりやすいです。脂肪の多く付いている人や妊娠していると腹圧が上がるために鼠径ヘルニアになる可能性があります。

鼠径ヘルニアは早期治療なら日帰り手術も可能

初期の鼠径ヘルニアは痛みなどの症状がありません。また、できるところも下腹部なので、恥ずかしくて中々受診来れない人が多くいます。しかし、鼠径ヘルニアの症状が進むと飛び出した状態から戻らなくなります。そうなると生死に関わってきます。さらに、ほかの消化器の病気の原因になってしまうので、はやいうちに専門の医療機関で受診しましょう。鼠径ヘルニアは手術でしか治療ができません。ですが最近では、部分麻酔を使う手術が普及しているので、軽度なら、日帰りでの手術ができます。手術の方法によっては費用も変わってきますので、医師に希望を言うといいでしょう。