肺腺がんの症状

病院

肺腺がんは肺の奥にできるがんです

肺腺がんは肺の中にある肺腺にがん細胞ができることで起こる病気です。そもそも肺腺とは、肺の中で細かく枝分かれしている気管支のことです。肺腺がんは女性や非喫煙者が多く発症するがんで、喫煙とはあまり関係がないと言われています。肺腺がんは空気中にある有害物質を肺が取り除くときに発生する活性酸素が大量に出ることが原因と言われています。また、女性ホルモンががん細胞を誘発することも要因といえます。肺腺がんは進行スピードが速いことが特徴なので、早期発見が重要になります。そのことで、肺腺がんの治療もすぐに行なえます。また、より幅広く治療法の選択も可能です。

肺腺がんの症状は空咳や息切れが多いです

肺腺がんは進行していくと、いくつかの症状がでてきます。それは息切れや息苦しさです。それによって運動もままならないので、筋力が衰えてしまうので体重が減少してしまいます。それらが悪化すると呼吸困難に陥ってしまうのです。また、長く続く空咳も症状のひとつです。痰がでたときに血が混ざっていることも肺腺がんではあるので注意してください。これらの症状がでたときに体調が優れないからだと決めつけずに、呼吸器科等の専門の医療機関に診察してみてください。最近では年に一度肺がんの検査をする人が増えて、気軽に検査が受けられるようになりました。自分は大丈夫と思わずに検診を受けることで、肺腺がんの早期発見が可能です。また、病状があまり進行していなければ、すぐに完治できます。