若い人に多い逆流性食道炎

婦人

逆流性食道炎は身近な病気なのです

逆流性食道炎は、ふとしたときに喉の奥に胃酸が広がったり、食後に胃がムカムカしたりする症状です。昔は歳を重ねて胃の弱くなってくる中高年齢層よく見られるものでした。しかし、最近では逆流性食道炎になってしまう若い人が増えています。それは食生活の乱れにあります。脂分の多い食事は胃酸が大量に分泌させます。その多すぎる胃酸が逆流性食道炎に繋がるのです。逆流性食道炎は胃酸が胃から上がるときに食道などを傷つけることで、ある症状が現れます。それは胸やけや胃もたれです。そのことによって吐き気を感じることもあります。また、胃酸が口の中に広がる呑酸という症状もでてきます。胃酸が喉を傷つけて炎症を起こすことで、それにともなって喉がイガイガしたり違和感があったりします。

逆流性食道炎は消化器科で診察を受けましょう

逆流性食道炎は市販薬で症状を緩和することが可能です。だからといって病院へ行くことを先延ばしにすると、逆流性食道炎を悪化させてしまいます。そうなると、治療期間も長くなってしまいます。さらには、胃がんなど別の病気の原因になってしまいます。そうならないようするためにも病院へはやめに診察に行きましょう。逆流性食道炎かと思った時には消化器科などの専門の医療機関に行きましょう。そこで胃に小型カメラを入れて、食道の状態をみて診断をしてもらいます。胃カメラ検査は、口からカメラを入れる苦しい検査というイメージを持っている人も多くいます。ですが、最近は昔よりもカメラが小さくなったことで口からではなく鼻からもカメラを入れることが可能になりました。そのことで以前よりも検査の苦しくなくなりました。

病院

肺腺がんの症状

肺腺がんは肺の奥にがん細胞ができることです。病状の進行スピードがはやく、血液を流れて脳や肝臓に転移してしまいます。また、肺腺がんに限らず肺がんは骨に転移しやすいので、早期発見が大切です。

診断

子宮頸がんの検査方法

子宮頸がんは性行為によってウイルスが感染して成長すると発症します。最近は性行為の低年齢化によって昔よりも若い女性が発症するようになりました。子宮頸がんは進行の遅いがんなので、焦らずに対処することが大切です。

腰痛

鼠径ヘルニアの原因

鼠径ヘルニアは、年を取ることで、お腹の筋力が弱まることが原因でなります。その症状は、太股や足の付け根に腸や腹膜の一部が皮膚の下に浮き出るものです。最初は痛みもないですが、放っておくとほかの病気になる可能性があります。